MENU

コラム

幸せの条件(その4)ポジティブとネガティブの黄金比

 

ポジティブ(陽)とネガティブ(陰)の黄金比

これは、6  :  4が理想だと言われています。


私達は1日中ポジティブだけでも、ネガティブだけでも過ごすことはできません。


例えば1日(24時間)の行動を見てみても、


起きてる時間と眠っている時間があるわけです。

 

1日(24時間)を6:4で計算すると14時間40分が活動する時間で、9時間20分は休息に必要な時間になります。


ここで皆さんお気づきだと思われますが、
ネガティブは決して悪者ではないということ。


一般的なイメージでは、ポジティブが良くネガティブが悪いというイメージを持たれがちですが、人間には両方必要なんです。


世の中全てのものがこの相反する二つのものから構成されています。

 

そして、
これが風水の陰陽説でもあります。
陰陽説では、陰と陽どちらが欠けても成立しません。


例えば、太陽と月。

太陽は「陽」で月は「陰」です。

どちらが欠けても成立しませんよね?


大事なのはバランスです。


バランスが崩れた時、心も体も病んでしまいます。


ネガティブな時間は、心と体の休息時間であり、エネルギーチャージの時間。

エネルギーが満タンになると心と体に余裕が生まれます。


この時間があるからこそ、またポジティブにもなれるのですよね♪


どうですか?
ネガティブのイメージ
少しは変わりましたでしょうか

2015/01/17        タグ:幸せの条件

リンク

Minami Nagoyafuusui☆幸せコンシェルジュ☆

Minamiアメブロ~Minami流 風水のブログ

☆サービス案内

幸せコンシェルジュ個人向けサービス

幸せコンシェルジュ経営者向けサービス

幸せコンシェルジュ企業向けサービス

幸せコンシェルジュお客様の声